お腹の脂肪を取る運動やエクササイズは? いつでもどこでも腹凹ウォーキング

自分自身を鏡に映して、「ちょっと太ってきちゃったかな…」とお腹をさすったり。

横っ腹の脂肪をつかんで「いつからこんなお腹になっちゃったんだろう」と、ため息をついてしまったりしていませんか。

 

「人前で上半身裸になるのが苦痛」、「夏は(薄着になってお腹が目立つので)嫌だな」。

そんな思いを払拭して、自分の体に自信を持ちたいものです。

お腹の脂肪をとる方法

お腹の脂肪をとりたいと思う気持は理解できます。

ただ、あなたの身体についている脂肪は、お腹だけではないはずです。
お腹の脂肪を減らすためには、全身の脂肪を減らす必要があることをまず理解しましょう。

脂肪が増えるということは、簡単に言ってしまえば、食事等で摂取している総カロリーが、身体を動かすことによって使っている消費カロリーよりも多いということです。

余分に残ったカロリーが、身体の脂肪になってしまうと考えれば、わかり易いと思います。

 

まず、摂取カロリーを減らすか、もしくは消費カロリーを増やすかすれば、自然と脂肪は減っていきます。

まぁ、『言うは易し行うは難し』ということではありますが。

食事等の制限や摂取を心がけたい食品のことについては、今回のタイトルとは違う趣旨となりますので、今回の記事からは省きます。

 

Sponsored Link
 




 

お腹の脂肪をとる運動

脂肪を減らすのに効果的な運動は、有酸素運動です。

有酸素運動とは、

脂肪や糖質を酸素によってエネルギーに変えながら行う、規則的な繰り返しのある比較的軽い運動。ジョギング・ウオーキング・水泳・エアロビクスダンスなど。(デジタル大辞泉)

もっとわかり易く言うと、十分な呼吸を確保しながらできる運動のことです。
有酸素運動を20分程度続けて行うことで、脂肪が燃焼し始めます。

 

有酸素運動とともに必要なのが筋トレです。

筋トレと聞いて、こんな腹筋を思い浮かべたのではないでしょうか。

理想は高い方がいいのかもしれませんが、こんな身体になるのには相当の努力が必要です。

まずはここからの脱却を目指しましょう。

 

筋肉が徐々につけば、それだけ消費カロリーが増えていきます。

どういうことかというと、人間は安静にしている時でもカロリーは消費されます。
これは身体の機能(呼吸、心肺の動き、体温調節)を保つために必要最小限のカロリーが必要だからです。
これを基礎代謝量といいます。

 

個人差はありますが、年齢とともにこの基礎代謝量は減っていきます。 この一番の原因は、筋肉量の減少だと考えられます。

そのため、意識して筋肉量を減らさない努力を続ければ、基礎代謝量も減らずに、カロリーを消費してくれることになります。

 

お腹に筋肉をつける方法

先ほどの見事に割れた腹筋はイメージとして持ちつつ、現実的にあなたができる腹筋運動をいくつかピックアップして見ます。

○レックレイズ

 

○ドローイン:息を吐いて、お腹をへこませるエクササイズです。

 

○クランチ

 

○サイドブリッジ

 

お腹周りの筋肉をつける方法をいくつか紹介してきましが、いきなり全部やろうとしない方が良いでしょう。

もちろんできる人はやったらいいと思います。
ただ単純なことでも、人は継続することは案外難しいものです。

 

まず一つでもいいので、実践してみたらいかがでしょうか?
一つ継続出来たら自信がつきますし、それから二つ三つと増やしていっても苦にならないというケースもありますので。

最後にもう一つ、お腹をへこますおもしろい運動を紹介します。

 

Sponsored Link
 




 

お腹を凹ますダイエットとは?

『腹凹(ぺこ)ウォーキングダイエット』というダイエット健康法を提唱しているお医者さんがいます。

やり方は簡単です。
『お腹凹まし、そしてお腹を出す』、この繰り返しを行います。

しかもこの動きを、歩いている時や電車で立っている時に行うので、無理をせずに実行できるという利点があります。

 

    <川村内科診療所HPより引用>

 

ただ歩いているだけ、立っているだけの時にできるので、『我慢と努力』は必要ありません。

ポイントは、習慣化できるかどうかです。

川村昌嗣先生プロフィール

このお腹凹ますウォーキングダイエットを考案したのは、川村昌嗣先生です。

川村先生は現在、川村内科診療所の所長を務めています。 1960年生まれですので、まだ50代の先生です。

「無理をせずに腹筋を鍛えるためには、どうしたらいいか」そう考えていて編み出したのが、この腹凹ウォーキングダイエットでした。

川村先生曰く

「『やらなきゃいけない』ではなく、『やらないと損をする』『やらないでいるのは、もったいない』という思考が大事」

ということです。

 

腹凹ウォーキングダイエットの効果

あくまでご本人の川村先生が、腹凹ウォーキングダイエットを実践した結果ですが、約3ヵ月で体重が10㎏減、ウエストが17㎝細くなったそうです。

なぜ、こういった効果があらわれたのでしょうか?

それは、お腹を凹ませたり出したりすることが、腹筋運動になっているからです。

ちょっと思い出してみて下さい。
あなたは、日常生活で腹筋を意識して動かすことがありますか?

なかなかないと思います。

私も腹凹ウォーキングを実践してみて初めて気づきました。
普段の歩行ではまったく腹筋を動かしていない事に。

 

腹凹ウォーキングは誰でも無理なくできるダイエット法ですので、気軽な気持ちで始めてみてはいかがでしょうか。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*