浅倉カンナとRENAの初対決をふり返りつつ再戦の結果予想をたてる

浅倉カンナとRENAの再戦がおこなわれます。
7月29日(日)、会場は、さいたまスーパーアリーナです。

浅倉カンナとRENAの初対決

浅倉カンナとRENAが対戦したのは、およそ7ヵ月前の2017年大晦日でした。

女子アトム級(契約体重49.0㎏)のトーナメントで、決勝に勝ち上がった二人の対戦です。

多くの人が、RENAの勝利を予想していたと思います。
しかし、結果は浅倉カンナがリアネイキッドチョークを極めて、完勝でした。

この試合で印象的なのが、浅倉カンナがRENAの打撃を恐がっていないところです。

タックルも迷いなく仕掛けて、開始1分くらいで、すぐ立ち上がられたとはいえ、テイクダウンまで持ち込んでいます。

 

RENAは、浅倉カンナのタックルを牽制して、しきりにヒザ蹴りのモーションをみせています。

構えもたびたび左右に切りかえていました。
ただ、プレッシャーをかけながらというよりも、下がりながらの左右スイッチだったので、浅倉カンナにとっては、逆にタックルのタイミングが取りやすかったかもしれません。

フィニッシュにいたった一連の動きでは、多くの人が指摘しているように、RENAのチョークに対する対応が甘かったといえます。

 

これは、あくまで結果論からの分析です。
試合が終わった後であれば、誰でも何とでも言えることを、一応私も自覚しています。

 

ネットでの声

ツイッター上でのアンケートでは、堀口 vs 扇久保戦をおさえて、浅倉カンナ vs RENA戦が、一番人気となっています。

 

 

この意見に同意します。

 

参考になるのが、ミルコクロコップの戦い方です。

もちろん軽量級ということで、一撃の重さが違うのは差し引いて考えなければなりません。
ただし、タックルをきる絶対的自信が増せば、もっと打撃での圧力のかけ方が違ってきます。

 

興行的には、たしかにそんな感じもします。

 

たしかに、どちらが勝ってもおかしくないと思います。

 

再戦の勝敗予想

初対決後、浅倉カンナは5月6日に、RIZIN.10の大会にて、 メリッサ・カラジャニスとの試合で判定勝利をおさめました。

2Rには完全に、浅倉カンナの腕ひしぎ十字固めが決まっていましたが、普通ではありえない女子特有の関節の柔らかさで、メリッサ・カラジャニスは技をしのぎ切りました。

判定勝利になったとはいえ、完勝といえる内容で、収穫も多かったであろう試合になりました。

 

RENAの方は、先日7月6日に、シュートボクシングのリングで、総合格闘技の試合をおこないました。

対戦相手は、ブラジルのエレイン“パンテラ”リアル選手で、結果は判定でRENAが勝っています。

動画で確認できていないので、何とも言えませんが、RENA本人としては納得のいかない試合だったようです。
試合の流れは、格闘技の情報サイト『eFight』で確認できます。

 

 

浅倉カンナとRENAの再戦、私の勝敗予想は、ずはり“ドロー”です。

 

顔面をはらした浅倉カンナ、寝技では主導権を握られ、良いところのないRENA。
試合自体は盛り上がりますが、お互い決め切れずに、3Rのゴングを聞いてしまいます。

この判定が争議をかもして、年末の再々戦というかたちになるとの予想です。

 

保険の為にいうわけではありませんが、RENAの三日月蹴りが決まり、浅倉カンナ悶絶でパウンド後のレフリーストップという結果もありえます。

また、寝技でつねに優位なポジションで攻め続けた浅倉カンナが、サイドポジションから腕ひしぎ十字固めで、RENAからタップという結果もあります。

 

いずれにしても、楽しみな試合であることに間違いはありません。

 

★RIZINの視聴方法についてはこちらに記事を書きました。
⇒『RIZINの視聴方法まとめ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*